晩夏

去る8月23日、

花咲徳栄高校が夏の高校野球を制した。

東京生まれの東京育ちの身だが、現在住の埼玉県勢の優勝は喜ばしい出来事であった。

が、夏の風物詩の一つが終わり少し寂しい気分にもなった。

異常な夏

今年の関東地方は梅雨が遅れてやってきたような雨続きであった。

暑ければ暑いで文句をいうものだが、やはり夏らしい天気を拝まないともの悲しいものである。

ようやく雨雲が去り、ここ数日は早朝外練習に行っているが、明確に日の出は遅くなり日が沈むのが早くなってきた。

このまま秋を迎えてしまうのだろうか。

40年近く生きてきたが、どれだけ歳を重ねても夏の終わりは毎年物悲しさを感じてしまうものだ。

冬、年明け、来年以降を見据える

今年はちょうど一ヵ月後に赤城山ヒルクライムを控え、3ヵ月後には自身初のフルマラソン挑戦が控えている。

冬の間にも一度くらいフルマラソンを走る予定でいる。

何度か告知してきた通り、昨日は相方さんと初デュアスロンへ 地元開催ということもあり、この日は全面的にサポート役に 会場までは家からチャリで10分(笑 開始予定時刻30分前にして主催側はまだ設営の準備中 えれーのんびりだなオイ(笑 チラホラと集まりだす参加者達 相方さんはノー...

そして4月には彩湖デュアスロンにエントリーする予定だ。

無謀にもエントリーし、雨の中を走りぬいた相方さんの姿に感動を覚えた出来事が遠い昔のようだ。

今年はランニングを初めたこともあり、自転車オンリーでガムシャラにトレーニングするよりも、身体の使い方・動かし方を今一度考え直すことを常に頭に置いてきた。

随分と遠回りしている気もするし、自転車の実力は明確に落ちた(苦笑 が、歩き走るという人間の基本動作は確実に向上した(笑。

昨年までは5kmもマトモに歩けませんでした。

四十路が目前に迫りながらもスポーツを続けたいと願うからには、若い頃と同じようにやっていてはこの先継続出来ないだろう。

足りない頭で日々悩み試行錯誤を繰り返しているが、それはそれで今が楽しい。

夏は終わりを迎えようとしているが、生涯サイクリストを目標とするオッサンの旅に終わりはないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー頂けると小躍りします