杵屋・無敵 試走

先週の行田市観光ランニングで見かけた足袋シューズ

ランニング足袋 KINEYA MUTEKI(きねや無敵) -メンズ- *紐2組、説明書付 ランニング足袋MUT...

あれ以来気になって夜も眠れず(笑、結局Amazonで購入に至った。

試走

本日試しに5km程走ってきた。

始めは怖さもあり、おっかなびっくりな走りであったが、2~3km走ると普通のシューズと同じような感覚で走ることが出来た。

着地がキモか

ご丁寧に説明書には走り方の注意点が記載されていた。

足裏のアウトエッジで着地し、足裏全体で衝撃を吸収する感覚である。

この走り方も2~3km程走ってから感覚を掴んできたが、走り始めは脳への衝撃が大きく、普段如何にシューズのクッションに頼った走りをしていたかを思い知ることになった。

この足袋シューズで着地衝撃の少ない走りを習得すれば、通常のシューズで走る際にも体への負担が少ない走りを習得できるのではないか、と期待できる。

路面が気になる

クッション無しなので、普通のシューズでは気にもならなかった小石などを踏まぬよう(痛そうなので・・・)、路面が非常に気になった。

単調になりがちなランニング練習において、集中力を保つ必要性が増すので考えようによってはプラスに作用するのではないだろうか。

少なくとも自分にはそう思えた。

技術習得のために

一見奇抜な足袋シューズではあるが、スピードを求めず走技術習得のためと納得して使用するならばこれはありではないだろうか。

私的な感覚であるが履いてみるとデザインもこなれておりオシャレに思える(笑

気になるサイズ感であるが、通常のランニングシューズより+5mm大きいサイズを選んだ。

これは正解だったようでソックス無しで走った今回の試走ではジャストサイズであった。

ソックス使用ではまだ走っていないが、靴紐の締め具合の調整でOKだろうと思う。

怪我をしないよう、慣れるまでは注意が必要であろうが足袋ランニングも積極的に取り入れていこうと思う。

一夜明け 追記

試走から一夜明け、10kmほど走ってきた。

慣れれば普通に走れるようになる、というのが率直な感想だ。

ただし通常のシューズよりも路面やフォーム、着地の意識は鋭敏にする必要がある。

疲れて集中力が保てないようなときは使用は避けるようにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー頂けると小躍りします