白石峠デート

本日、関東地方でも梅雨明けが発表された。 ...

3日前、夏のヒルクライムは危険なので控えようと言ったか?

あれはウソだ。

相方さんのリクエストでまさかの白石峠デート。

やはり危険

マラソンの市民レースでは入賞多数で、そこらの男共より余程登れる相方さんであるが、この日は暑さで気分が悪くなり、ヒルクライム初の足付き。

ほぼ中間地点で湧き水があるのでしばし休憩。

幸い男らしく水を頭から被り回復した模様。

その後は無難に登り、無事ゴール。

初やっちん茶屋

普段は平日が仕事休みなこともあり、土曜日の白石峠の盛況ぶり・自転車乗りの多さに驚いた。

土日はゴール地点に「やっちん茶屋」という、移動販売車がきており、冷たい飲み物やアイスで自転車乗り達と店主の懐を癒してくれている。

その日の登頂タイム1位、もしくは白石峠3本で次回登頂時にガリガリ君一本のサービスもあるので、足に自信があるならばトライしてみては如何だろうか。

白石峠には5年近く通い続けているが、この日初めてやっちん茶屋を目にして感動した(笑。

リフレッシュ後、更に登り山頂の天文台まで。

相方さん撮影。

体脂肪率はここ数年間、10%以下をキープしているが明らかにクライマー体型ではないよなぁ・・・

下山後、この辺りでは有名と思われるそば屋にて昼食タイム。

土曜のお昼時ということで店内は満員。

明らかに店員の手が廻っておらず、注文から一時間待つことになってしまったが、待った甲斐があったと思わせた味は上品で美味でした。

共通の趣味をもつということ

奥さんや家族に白い目で見られず、後ろめたさもなく、休日は一緒に自転車に乗りに行けるパートナーを得られたことに、自分は幸せ者であるとつくづく感じている。

デートが真夏のヒルクライムという常人からしたらちょっとアレなコンビであるが、今後も生暖かい目で見守って頂けると幸いである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォロー頂けると小躍りします